決意で人は変わらない 【メモ: 2015の到達点】

 

大前研一 氏曰く、

人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

らしい。

 

ということで新年の抱負ではなく、具体的な目標をメモしておく。

 

■ 2015年: 研究の目標

  1.  「プライバシー情報保護」の研究をIEEE系トップ国際会議で発表
  2.  「サステイナブルHCI」の研究をACM系トップ国際会議でお披露目
  3.   海外研究機関に滞在予定なので、国際共同研究を始動 (→ 成果は2016年に発表予定)
  4.  「プライバシー情報保護」の研究の種蒔き

 

1つめと2つめは、既に大枠は出来ているのでそれぞれ GlobeCom@サンディエゴ、CHI@韓国(投稿済)かUbiComp@大阪での採択が目標。特に2つめは萌芽的な研究なので、ポスター発表かな。

3つめの「海外研究機関での滞在」は既にオファーを戴いているので、滞在前から準備を進めて国際的にインパクトのある成果まで持っていきたいところ。世界的に有名な研究機関なので、オファーのメールをもらった時には、「いよいよ研究者になったなぁ」という感慨に浸ってしまった。

4つめの「種蒔き」とあるが、2016年以降も継続的に成果を出すために、まとまった時間をかける必要がありそう。2015年の年末には研究ノートに使えそうなアイディアが書き溜められていることを祈って。

 

今は時間の大半を研究に費やせるので、大きめの成果を狙っていこうと思う。

 

■ 2015年: 人間関係の目標

こちらは1つだけ。

  • オンラインで興味を持った人にオフラインで会ってみる

ここ2年くらいの経験から、(特に学術・研究界隈では) 「◯◯って人に会ってみたいなー」と意識するだけで、良い出会いのチャンスを失うことが少ない…気がする。

 

 

 

改めて書き出してみると、「研究に関係しない目標を持つこと」が2015年の目標なのかもしれない。